新型コロナウイルスに関して

来院される飼い主様へのお知らせ

我が国でも感染者が次々報告されております新型コロナウイルス感染症について、当院へご来院頂きます飼い主様方へ、注意喚起とご協力を兼ねてお知らせ致します。

まず、コロナウイルス感染症につきましては以下の首相官邸からのホームページをご参照ください。

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet

https://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/coronavirus.html

 ご来院頂く飼い主様方におかれましては、できる限りマスクの着用をお願い致します。

また、手指消毒用のアルコールも院内にご用意致しますので、消毒のご協力もお願い致します。

また、世界小動物獣医師会(WASAVA)より、新型コロナウイルスと伴侶動物についてのガイドラインが発表されましたので、以下要約にてご紹介致しますので、ご参照ください。

• 十分に衛生状態を保てる限りは飼っている伴侶動物と一緒にいること
• 猫は屋内にとどめておくこと
• もし家族や友人で入院している者がいる場合は動物を預けに出すこと
• 不安がある場合は速やかに獣医師に相談すること

現時点では伴侶動物やその他の産業動物が新型コロナウイルスに罹患することや人へ感染を起こすというエビデンスが無いことを確認しており、しかし一方で「急激な展開を見せる」ことを警戒しているとのことです。

また、この指針では獣医師に向けて、一部の地域で販売されている犬で消化器症状を起こすコロナウイルスに対するワクチンを使用することで、新型コロナウイルスへの何らかの防禦を期待する動きに対して警鐘を鳴らしており、なぜなら新型コロナウイルスは型が明確に異なるため、こうした使用法にエビデンスはないためであります。

最後に「新型コロナウイルス 2019 n-COV についてはいまだに分からないことも多い。喫緊の課題は可及的速やかに人での感染をコントロールすることであるため、伴侶動物がウイルスを伝搬することを恐れた飼い主によって遺棄または殺されてしまうという動物福祉上の問題を懸念している。このような処置が必要となるエビデンスはなく、獣医師には飼い主に WSAVA の指針に従い、飼い主も動物も安全にすごしてほしい。」とWASAVAの会長は述べております。

必要以上に警戒しすぎることはありませんが、ペットを飼育されている飼い主様として前述の知識の把握をお願い致します。